学会概要

 日本印度学仏教学会は、現在の会員数約2,400余名を擁する、人文社会系の学会としては日本で最大規模の学会です。 昭和26年(1951)10月15日に東京大学で創立総会が開かれて以来、平成27年で創立64周年を迎えます。 これは、第二次大戦後のインドやパキスタンの独立などによって、世界におけるインド研究、仏教研究の必要性が高まるにつれて、我が国でもまず日本宗教学会が全国学会として成立したその趨勢を受けて、インド哲学と仏教学という分野で全国学会としての学会組織を成立させようと意図したものです。

 それまでに仏教学の分野では、すでに戦前の昭和3年(1928)に御大典記念として日本の各宗門系大学を中心に東大、京大、東北大の各印度哲学研究室が加わって日本仏教学協会が発足成立していました。 当初はこの日本仏教学協会を学会組織に改め(昭和22年、日本仏教学会と改称)、全国学会としての再出発を図る企てがなされましたが、その企画は関係者の意見の一致を見ずに実らず、新しい別個の学会の設立が考えられたのでした。

 昭和24年(1949)10月3日、東京大学の印度哲学研究室で、宮本正尊、金倉圓照、干潟龍祥、本田義英、山口益、辻直四郎、花山信勝、中村元、坂本幸男、西義雄、増永霊鳳という、当時のインド学・仏教学を代表する人々が集まって第一回の学会創立のための会議がもたれ、昭和26年に創立、初代理事長に宮本正尊が就任しました。 翌年1月に学会連合の加入が認められ、全国学会として承認されて今日に至っています。

 本学会は、日本におけるインド学と仏教学の研究の発展を目指すとともに、世界各国の関連分野の学者とも連携し、大きく世界文化の進運に貢献することを目的として創立されました。 学会の会員は、個々人としての研究者のほか、インド哲学や仏教学の講座や学科のある大学・短大など、それに研究所などの研究機関が加盟校・加盟団体となっています。